本文

森の療育「ふきのとう」児童発達支援事業(幼児)/放課後デイサービス(小学生)

年度末利用者アンケート報告

児童発達支援 放課後等デイサービス

理念

持って生まれた、一人一人の花芽をさかせよう!

吉野の森にひっそりと根を張り、毎年春を告げてくれる、小さくもたくましい花芽【ふきのとう】のように、「一人一人の子どもの中に眠る、持って生まれたステキな個性をいっぱい、いっぱい咲かせたい!」…そんな想いから【森の療育ふきのとう】は立ち上がりました。感じる心、挑戦する気持ち…子どもは常に前へ、上へと伸びていきます。自然の中で健気に生きるフキノトウように、一人一人をみつめ、育ちの力を引き出し、健やかに芽吹かせます。


子育ては、たくさんの大人の手と笑顔で!

くどうなおこさん作【ふきのとう】のお話は、春を待つ小さな「ふきのとう」の花芽が主役。『よいしょ、よいしょ』と、「ふきのとう」はふんばるものの、「雪」が重くて一人では芽をだせません。気づいた「竹」や「太陽」が、ねぼすけの「春風」を起こし、春風が竹をゆらし、竹が動いて木洩れ日が雪にあたり、重たい雪がとけ、ようやく顔をだした花芽。自然界も人間社会も全く同じです。たくさんの周囲の温かい笑顔、見守り、つながり、理解、協働が、小さな花芽をもつ子ども達の育ち…『よいしょ!』に、力を添えます。


特徴

森や自然が教室、花や実が教材

部屋をとびだし、さあ森へ!花や虫、生きものにふれ、森の空気を胸いっぱいすいこんで、思いきり体を動かそう!木登り、ツタのターザンロープ、木立のハンモック。横たわる木は平均台に、土手は凸凹すべり台に。遊びつかれたら、落ち葉のベッドへごろりんっ。<かごしま森のようちえん>が所有する広大な森林フィールドでは、焚き火を起こしてご飯を作ったり、野菜やお米を育てたり、むかごや木いちご、たけのこ掘りや、ムベのおやつを取ったりも♪楽しくドキドキがいっぱいの森へ、仲間たちと出かけよう。


専門家(作業療法士)が常駐

作業療法士が、子ども達に常に寄り添い、近くで見守ります。ママやパパとのコミュニケーションを密に取り、ご家庭や日常生活での悩みや不安、疑問、お子様自身が感じている困りごとを持ち越さず<即対応>を心掛け、心配事を一つ一つ一緒に解消していきます。また、常駐ならではの強みを生かし、その時その子にマッチした教材を選定したり、独自開発し、最大限の効果を引き出します。


個別プランを「立て→実施→見直し」を繰り返す

かごしま森のようちえんの特徴である【感性・体験重視】のカリキュラム、厳選された専門教材、昔ながらの遊びや玩具等を、幅広く効果的に取り入れ、個別プログラムと集団活動プログラムを一人一人の好みや特性に応じてプランニング。室内環境と屋外環境(森)それぞれを有効に組み合わせ、短期〜中長期的な目標を明確にし、それぞれの育ちに成果に応じて随時見直していきます。


4本柱のプログラム


【クリックすると大きな画像が開きます】



対象年齢

対象年齢はお子様の発達段階にもよりますが、0歳児から小学生を対象としています。

0歳児は、親子ベビークラスとしてふれあいわらべうたや知育おもちゃなど、発達年齢に合わせた心と身体がともに育つ、親子で楽しめる室内遊びや運動を紹介します。

3歳児前後からは、お子様だけでご参加いただけます。お子様の状況によっては同伴をお願いすることがあります。室内での個別活動に加え集団への合流も進めます。また、発達状況をみながら森での活動も取り入れていきます。

4歳〜6歳では、週1〜2回の小集団による室内活動や、森での集団活動をします。泥んこや雨、植物や昆虫などとの触れ合いも増やしていきます。

小学校に入ってからの放課後等デイサービスについては、学習や集団でのコミュニケーションにおける困難さ、体育等で見られる動きのぎこちなさや苦手感など、お子様の抱えている困り感に寄り添って、土曜日を中心に月1〜2回の森での活動の他、必要に応じて学習的なアプローチをしていきます。



登園までの手続き

登園には、市町村窓口で発行される受給者証が必要です。手続きや書類の書き方について、まずは事務所(099-801-3704)まで直接お問合せ下さい。



目次

  • Facebook
  • 森のごちそう レシピ集
  • 料金案内(PDF形式)
  • 事務所へのアクセス(PDF形式)
  • 入園までの流れ

お問い合わせ

お問い合せ:099-801-3704

バナー